合宿内容は?

泊まり込みで行う合宿免許では、このようなことが合宿プランに組み込まれていることが多いでしょう。

まず、免許取得に必要なための座学授業です。免許を取得するために必要な学科を学び、その後、試験を受けて合格した者だけが、仮免許取得をします。仮免許取得後、さらに学科を勉強していくのですが、その後は基本的に、合宿が終わった後に、お住いの免許証センターで試験を受けて、合格したら免許取得という流れになるでしょう。

次に、車の運転技術を学ぶ実技授業です。指導員の指導のもと実際に車を運転し、仮免許取得のための試験を受けて、合格をしたら更に路上教習が行われていきます。路上教習が一定時間終了後、本試験が行われ、本試験合格者にのみ、免許証センターでの受験資格が与えられるのです。

このように、学科試験と実技試験、両方を勉強して合格しなければ運転免許は取得できません。
合宿免許では、この学科と実技を効率よく進めるプログラムが組まれているのが特徴です。また、指導の方針や方法は合宿によって異なります。
様々なタイプの合宿がありますので、自分が受けようと考えている合宿プランを見直し、より合格することが出来そうな場所を選ぶことも大切といえるでしょう。