泊まり込みの合宿免許

泊まり込みで参加することが出来る合宿免許は、学生から社会人層まで、幅広い方々に人気となっています。泊まり込みで行う合宿免許とはどのようなものなのかをご説明します。

泊り込みの合宿免許はその名の通り、宿泊施設に泊まり込み、短期間で運転免許を取得することが出来るシステムのことを指します。通常のドライビングスクールとは異なり、短期間で全ての座学、全ての実技を習得し、試験に合格する必要があるため、集中力が必要になりますが、その分通常のドライビングスクールとは異なり、短期間で免許を取得することが出来るのが、最大のメリットだと言えるでしょう。

合宿免許は基本的には、参加したほとんどの方が、無事に免許を取得し、運転をすることが出来るようになりますが、参加者の2割前後は、試験に通過することが出来ずに、合宿免許では免許が取得できなかったという方もいると言われています。その場合でも合宿代金の返金がされないことがありますので、参加の前にはある程度、予習を行い、合宿参加中は勉強に集中をすることが大切だと言えるでしょう。
中には合宿免許紹介サイト「免許の匠」のように免許取得までの保証プランを用意しているところもあるので、不安な方は問合せをしてみるといいでしょう。

短期間で免許を取得することが出来るシステムの為、多忙な社会人や、学生などが、長期休みや有休を利用して、合宿免許に参加するケースが多いと言われています。学生の場合は特に、確実に長期的な休み期間が決まっている点はもちろんですが、学割や、友人と一緒に行くことで割引を受けられる場合もありますので、参加者が多いと言えるでしょう。